Mastodon サーバの ruby を rbenv で 2.5.0 に上げるメモ

さくらのクラウドのスタートアップスクリプトを使っている前提。

# rbenv の最新化
# さくらのスクリプトを使った場合、ここに rbenv が git clone されている
cd ~/.rbenv
git pull
# ruby-build の最新化
# これもさくらのスクリプトを使った場合
~/.rbenv/plugins/ruby-build
git pull

# インストール、スイッチ
rbenv install 2.5.0
rbenv global 2.5.0
rbenv rehash

# gem 最新化
gem update --system
gem update

# bundler をインストール
gem install bundler

# 確認
ruby -v
gem -v
bundle -v

# bundle と yarn し直す
bundle install --deployment --without development test && yarn install --pure-lockfile

# console コマンドで起動確認
# gem やら bundle やらがどっかおかしくて起動しない場合は
# 大抵このコマンドもこけるので、事前チェックとしてやっとくといいかもしれない
RAILS_ENV=production bin/bundle exec rails console --sandbox

# 以降は通常のアップデート手順と同様
RAILS_ENV=production bundle exec rails db:migrate assets:precompile

See also